【速報】『フシノカミ~辺境からはじめる文明再生記~』コミカライズ2021年冬連載開始!!

オーバーラップノベルスより刊行中、
12月25日第4巻の発売を控えた文明復旧物語

フシノカミ
~辺境から始める文明再生記~』

(著:雨川水海 イラスト:大熊まい)

のコミカライズが、コミックガルドにて
2021年冬に連載スタート!!


コミカライズを担当するのは、
”空気”を感じる精細な世界観表現が魅力の新進気鋭作家
黒杞よるの先生

今回は黒杞よるの先生による
キービジュアルを大公開!


キービジュアルに登場するのは、

本を抱えて微笑む主人公・アッシュヒロイン・マイカ

二人を始め魅力的なキャラクターが多数登場するこの物語……
気になりますよねー!
そんな皆さんへコミカライズ本編の一部
今回特別にお見せしちゃいます!


 

主人公・アッシュは、とある秘密を抱えた村の少年

 

彼が向かった先に居たのは、
やる気なさげな村の神官・フォルケ

 

アッシュの目的は、
彼の所有する“本”を読ませてもらうことだった。
しかし、当の本人はどうやら気乗りしない様子で…

 

「何もないからこそ、本が必要なのです!」

本の素晴らしさを熱弁するアッシュ。
彼の熱意は、冷めたフォルケの心に届くのか⁉

そして本作における重要なファクター “” 
果たしてどのように物語は紡がれていくのか…


――今回はここまで!

コミカライズ版『フシノカミ~辺境から始める文明再生記~』は
コミックガルドにて2021年冬に連載開始予定! 乞うご期待!



さらに、原作ノベルス第4巻2020年12月25日に発売!

『フシノカミ 4~辺境から始める文明再生記~』
(著/雨川水海 イラスト/大熊まい

古代文明(禁忌)の知識で、滅びに瀕した村に救済を!

【あらすじ】
軍子会を修了し、領地改革推進室へと任官したアッシュ
彼のもとに持ち込まれた新たな問題は、村の救済だった。
同じ部署に籍を置くレンゲの幼馴染みが住まう、滅びの一途を辿る村。
その唯一の救済方法は、禁忌とされてきた畜糞堆肥による農法で――?

 

原作ノベルス第1~3巻も絶賛発売中!
特設サイトも必見です。

「小説家になろう」掲載原作小説はコチラから♪

併せてチェックしてみてください!!